実績ゼロ,知識ゼロから2ヶ月で月10万稼ぐ最短ルートとは?月収120万のSEOアフィリエイターがまとめます!

その他

有料無料問わず、ここ1ヶ月ほど猛烈にインプットして整理した情報を、

ここの読者さんだけに,惜しげもなく大公開(アウトプット)してまとめてみます。

私がこの記事をまとめるのにかけた労力。

  • 10時間以上の動画講義(有料)
  • 10冊以上のマーケティング専門書籍
  • 合計100万円以上の有料商材・セミナー
  • 過去10年間のSEOアフィリエイトの実績

きっとあなたの役に立つと思います。こんな人に向けた記事です。

  • 現在実績ゼロ、知識ゼロ。
  • 経験もゼロだから発信するネタがない。
  • ブログアフィリエイトやろうと思ったけどSEO厳しそう。
  • SEOだけじゃなくてSNSもやろうと思っているけどやり方がわからない。
  • SNSには同じようなこと発信している人ばかりで、稼げる気がしない。
  • 何から手を付けていいかわからない。

この記事の目的は「現在報酬ゼロ、知識ゼロの人が、SNSだけで月10万を2ヶ月で稼ぐ」です。

ちなみに初めに言っておきますが、努力は必要です。

SNSでフォロワーを集めるには、どんなテーマでも「人より一歩先に出ないと始まらない」のは純然たる事実。

でも、その前提を貫いた上でも、最短距離は示せたと思う。

ちなみにこの情報ソースは、いずれも数万単位のフォロワーがいたり、壮絶な実績を出していて信用できるWEBマーケターの方から学んだことです。

それを自分なりにまとめ、更に私の過去のアフィリエイトノウハウ(最高利益月120万)や本業(WEB製作マーケティング会社に12年いました)で得た知識で、シンプルにわかりやすく補完しました。

この記事を読むとざっくり以下のことが学べます。
間違いなく参考になるはず。

得られるもの👇

  • 素人が最初に何をすべきかの超具体的なロードマップ
  • 自分が作れるサービスはみんな作れるからやっても無理だ→そんなことはないという確信
  • やるべきことが明確になって、モチベーションアップ!

目次

  1. SEOはおいおい、スピードを求めるならSNS
    1. なぜSEOはダメなのか
    2. SNSだけではなぜいけないのか
    3. とりあえずTwitterで良さそう
      1. Twitterを選んだ根拠
        1. 稼働2日で1000人フォロワーの方
        2. 1000フォロワーで約3万円のnote売上
      2. 実績ゼロ、知識ゼロから2ヶ月で月10万稼ぐ最短ロードマップ
  2. 何を発信するかを決める
    1. あなたの強みは何なのかを知る
      1. 自分のできることを知る
      2. 次はマインドマップを書いて、とことん掘り下げます
    2. 巨大ネタ帳=マインドマップの作り方
      1. 最も重要な「悩み」を拡げる
      2. 悩みサイトやSNSで検索して更に拡散
      3. Googleの上位20サイト位もチェック
      4. 自分の持ってる書籍、雑誌などもチェック
      5. そのカテゴリのインフルエンサーのSNS,YouTubeなども見ながらマインドマップの枝を拡げる
      6. 同じ内容を発信したらパクリじゃないのか?
      7. 「悩み」以外の項目も、定期的にどんどん拡げる
  3. ターゲットを設定する
    1. ターゲット(マーケティングではペルソナといいます)の設定の仕方
      1. スーパーの客寄せと、名指しの販売
      2. 人は「自分のこと?」と思った記事をしっかりと読む
    2. すべての発信はそのペルソナに向けて伝える
      1. ペルソナが好みそうな口調、単語、デザイン
      2. すごい人と同じ客層を相手にして戦わない方法
        1. ターゲットをずらす
        2. ターゲットを狭く限定する
  4. 発信者のキャラクターを設定し、プロフィールを作る
    1. ペルソナが決まればキャラクターは自動で決まる
    2. 全く実績がない人は何を書くのか
    3. 人の記憶に残るインパクトをつける
      1. 嫌われることを恐れて誰にも何も思われないより、5人に好かれ5人に嫌われる方が良い
      2. すべて決まったら、アイコン、ヘッダで世界観を作る
  5. SNSフォロワーを増やした後どう10万を稼ぐのか
  6. まとめ

SEOはおいおい、スピードを求めるならSNS

私は以前SEOアフィリエイターとしてそこそこ稼いでいたので、どうしてもSEOでの集客を考えていました。
しかし、色々昨今の業界の情報を収集した結果、SNSを絡めたほうが絶対にいいな、という結論になりました。

なぜSEOはダメなのか

さて、結論には根拠が大切です。なぜなのかお話しましょう。

SEO市場は現在、企業ドメインが非常に強く、個人のページはどんなに有益な情報がまとめられていても、なかなか上位に上がれません。

というか、以前はビッグキーワードでも問題なく上位にあった個人ページが、同一キーワードで軒並み圏外に飛ばされているのです。それによって「SEOは稼げない」という風潮が高まりました。

2020年初旬くらいの話です。SEO中心で稼いでいた知り合いは、みんな物販やYouTubeやnoteなどにスライドしました。

やっぱ稼いでる人はフットワークが軽いな、と感心したものです。

なので、おそらくは今からSEO一本でやってもなかなか成果は出づらいと思います。

ただ、ダメならやらないと考えるのは早計で、SEOを根気強く続けていれば、数カ月後に必ずいくつかの記事が上位に上がってきて、寝ていてもある一定のお客さんを誘導してくれます。企業ドメインがないキーワードで攻めればまだまだ攻める余地はある。

それはやはり魅力です。なので、半年、1年後の収益の柱のひとつとなることを期待しながら、コツコツブログで記事を増やすことにしました。自分のアウトプットにもなるしね。

SNSだけではなぜいけないのか

最近SNSを分析していて、1週間で2000フォロワー、2週間で1万フォロワーなどの実績を出した方のアカウントが話題になっていましたが、そういうのを見ていると、SNSはやはり非常に強力な集客ツールです。

最も、「お金を稼ぐ」という目的に関してだけいえば、フォロワー数が全てじゃないので、そこは注意なのですが(それもこの記事の中で説明します)

ただ、SNS一本で稼いでいる場合、仮にTwitterでアカウントの停止や削除を食らったら、それまで集めていたフォロワーはすべてパーになってしまいます。集めた苦労も水の泡です。

何年も運用して数十万もフォロワーがいたとしても、Twitterアカウントが何かの事故で消えてしまった場合、そのリストやファンを一晩で失ってしまいます。ゾッとしますよね。

だから、SNS主体で問題はないのですが、それだけに依存するのは危険だよ、という話です。

といっても、別にSEOブログである必要はなくて、LINE@とかメルアドでリストを取るとかでもいいんですが、とにかく複数の経路でリストを集めて、リスク分散していきましょう。

とりあえずTwitterで良さそう

そして私がとりあえず選んだSNSはTwitterです。

Twitterを自分で使い慣れてるからなのと、心から信用できる発信者を見つけることができたからです。ほんとにすごい人達です…後ほど記事で紹介します。

Twitterを選んだ根拠

単純に、私が学んだ様々なノウハウと同じものを学んだ方に、下記のような実績を出してる方がいたからです。

稼働2日で1000人フォロワーの方
Twitter Embed
1000フォロワーで約3万円のnote売上
Twitter Embed

ただフォロワー数を集めるだけなら、相互フォローを募ったり、自動ツールでも可能ですけど、ちゃんと売上が発生する(意味のある)フォロワー集めができていると、1000人のフォロワーでもちゃんと利益が出ますね。

では、Twitterを早速始めようと思うかもだけど、ちょっとまってください。

SNSは戦略を決める前に、ただ闇雲にはじめてもだめです。むしろ、アカウントを作る前、発信する前、その準備にこそ時間をかけるべき

以下、準備の具体的な手順を解説します。ちなみにはじめに言っておきますが、面倒です。

でも、この準備をすることで、後が非常に楽になりますし、おそらくこれがSNSで稼ぐ上での最短ルートでしょう。

実績ゼロ、知識ゼロから2ヶ月で月10万稼ぐ最短ロードマップ

  • STEP.01発信テーマを決める 
    ブレインダンプであなたの強みを知る
  • STEP.02マインドマップ 
    情報を様々なメディアから網羅的に集め、マインドマップにプールする
  • STEP.03ターゲットを決める
    ペルソナを細かく設定して、一貫してその人だけに向けた発信をする
  • STEP.04キャラクターづくり
    ペルソナに憧れられるキャラクターを逆算して設定する
  • STEP.05SNS運用・発信
    マインドマップからネタを出して、ペルソナに向けて分かりやすく発信。交流。
  • STEP.06マネタイズ
    noteやココナラなどで自分の商品・サービスを作って、SNS、ブログなどで販売。

こんな流れです。では一つずつ解説していきましょう。

何を発信するかを決める

いざTwitterをやろうとなると、適当にアイコン設定して、いきなり考えてることをツイートしがちですが、それでは成功できません。

戦略を練って、じっくりと何をこれから発信するのかを決めていきます。

アカウントを作ったり、アイコンやプロフィールができたり、ツイートを始めるのは、全部の戦略が整ってから

ではスタート。

あなたの強みは何なのかを知る

自分には何も発信することがない、と思ってる方は多いです。

私は多趣味が高じて、割と多彩に色々できる人なんですけど、それでも各カテゴリに対して「自分よりすごい人なんか腐るほどいるしなあ」と思って、なかなか発信するテーマが決まりませんでした。

みんな抱える悩みなので、まずはご安心を。それに対する解決方法もこれから教えます。

自分のできることを知る

紙と鉛筆を用意して、「自分の強み」を書き出していきます

思いついたことなんでもいいです。

性格的な点。「優しい」とか「公平」とか。「人のために動ける」とか。

趣味の点。「絵が描ける」「裁縫が得意」「DIYが得意」とか。

「人から褒められたこと」、例えば「めったに怒らない」とかでもいい。

で、15分のタイマーをスマホでセットしまして、頭に思いついたことをすべて書いていきます。

できれば白くて大きい紙に、ボールペンや鉛筆などの書きやすいペンで書くのがいいと言われています。

でも、自分でやってみてわかったのは、別に手元の大学ノートでもいいし、チラシの裏紙でもいいし、iPadでもいいし、PCでもいいっちゃいい。(手で書いたほうが頭に入りやすいので、できれば手で書いてほしい)

とにかく自由に書きまくりましょう。さっき書いたなとか気にせず、同じこと2回書いてもいい。脳みそに浮かんだことを垂れ流しでガンガン書く。誰に見せるものでもないので気楽にやりましょう。

15分たった後に、一度止めて、見直します。するとまだ出てくるので、それも追記します。

これで、かなり自分の頭の中のものを吐き出すことができます。この効果は絶大です。

自分ってこんなに色々できたのかって思った人多いんではないでしょうか。

これは有名な思考法で、「ブレインダンプ」といいます。

次はマインドマップを書いて、とことん掘り下げます

マインドマップという方法をこれから教えますが、これは私の今までの人生で相当役に立ってて、これがないと私は多分本業のWEB製作やWEBマーケティング、副業のアフィリエイトでも稼ぐことができませんでした。

マインドマップも、ブレインダンプ同様、昔からある思考整理法です。

サラリーマンや営業、企画の現場などでも普通に使われます。
マインドマップのツールも色々あります。PCでもスマホでもある。

ちなみに,私が使っているのは下記のXMindというソフトです。
PC用ですが、無料ですので良かったら使ってみてください。

XMind
https://jp.xmind.net/

さて、先程ブレインダンプを行って、自分ができることが書かれた紙が手元にあると思います。

その中のあなたができることで、特に得意なこと、もしくは興味があってこれから学んでいきたいことをいくつかピックアップしてみましょう。最低1つは選んでください。それが今後のあなたの発信のテーマになります。

万が一、得意なことが何もなかった場合は、今まさに学んでいる「WEBマーケティング」でもいいです。

この時、テーマとして選ぶポイントはポイント

  • 今後も末永く勉強して知識を高めていける。
  • 自分のストレスにならないテーマにする。
  • 新情報の収集ができる。(その機会と土壌がある)
  • 専門性の高い、ある程度ニッチな市場にする。(競合が少ない)
  • なるべく、お金がある人が集まってる市場にする。(高単価のものを売りやすい)

それぞれのテーマについて1つずつ、これから説明するマインドマップを作成していきます。

これを丁寧に作れば作るほど、今後SNSで発信を行う上で心強い味方、「最強のネタ帳」になっていきます。じっくり取り掛かってください。

巨大ネタ帳=マインドマップの作り方

XMindを開いて、中央にそのテーマを書きます。

例えば私は「イラスト」が得意で、それをネタに何かマネタイズをしたいので、「イラスト」と書きました。

これは別に「釣り」でも「ゴルフ」でも「お笑い」でも「YouTubeを見る」とかでもいいです。

続いて、そこから連想される5W2Hを書いていきましょう。

5W2Hとは、中学の時に英語でやった5w1hに、もう一つHを足したものです。

Who = 誰が
When = いつ
Where = どこで
Why = なぜ
What = 何を
How = どのようにして
How much = いくらで

具体的にやってみたほうがわかりやすいので、実際にやってみますね。

大体つかめてきましたか? 

では、ここから各個別のスレッドの枝を、更に拡げていきます。

ここで重要なのは、頭に浮かんだ、連想したことに制限をかけず、何でも書いて拡げていくことです。これを「拡散」といいます。ブレインダンプと同じです。

細かいことは気にせず、項目がかぶってようが問題ありません。とにかく拡げることが大切です。

注意点は、極力単語、または「1文節単位」で拡散したほうがいいです。

有益だからといって、他人の文章をコピーするのはなるべくやめましょう。なぜかというと、複数の情報を後で自分の言葉に直して、まとめて発信しやすくなるからです。

文章で保存すると他人のパクリになっちゃいますからね。著作権侵害は自分もパクられた人も不幸にするので、絶対にやめましょう。

まずは5W2Hの各項目について、自分の頭だけで拡げられる限り拡げていきましょう。

それなりに広がって来ましたね。まだまだ全然拡げられるのですが、とりあえずこの辺で。

最も重要な「悩み」を拡げる

次に、「悩み」という項目を拡げましょう。
これはテーマの子として拡げてもいいし、「who」にそれぞれ拡げてもいいでしょう。
年齢や性別、職業など、人の状況によって大きく悩みが異なるテーマなら「who」から拡げたほうがいいかもしれませんね。
(以下の図はXMindの「ドリルダウン」という機能を使って、「悩み」の枝だけ抽出して1シートにしてます)

悩みサイトやSNSで検索して更に拡散

自分が思いついた悩みをすべて拡げた後は、Yahoo知恵袋教えてgoo、Twitterなどで、「絵 悩んで」とか「イラスト 悩み」とかでとことん検索します。

もしくは自分で拡げた悩み、例えば「馬の描き方」とかで検索してみるのも有効です。

検索すると、インターネットから、自分の頭で考えても出てこない悩みがたくさん出てきます。

Yahoo知恵袋や教えてgooは、悩みだけじゃなくて回答もセットで情報を得ることができるので、悩み解決のコンテンツのネタとしてどんどんマインドマップにプールしていきましょう。

すると、自分の知識を広げる勉強にもなりますし、枝を広げるたびにそのテーマに関する大きなネタ帳ができていきます。

Googleの上位20サイト位もチェック

Googleの上位20サイト位も、悩みキーワードでチェックして、有益な情報があったらマインドマップを拡げます。テーマによってはGoogleの方が有益な情報がある場合が多いです。

悩みとともに回答も一緒に調べて、マインドマップに書き加えていきましょう。

自分の持ってる書籍、雑誌などもチェック

インターネットに載ってない情報は、悩んでる人にとってとてもありがたいものです。
GoogleのSEO上も最強なので、積極的に情報を拾ってメモするべし。

図書館とかでもいいですが、これをやるのとやらないのでは、スタートダッシュにかなりの差が付きます。

そのカテゴリのインフルエンサーのSNS,YouTubeなども見ながらマインドマップの枝を拡げる

次は、そのカテゴリにおいて自分の悩みを解決してくれた、もしくは単純に好きなインフルエンサーや発信者のアカウントを開いて、そこからも情報をどんどん拾っていきましょう。

このときに、情報のソース(発信元)として、ツイートのURLや参考書籍などもメモっておくと、ツイートや、ブログの記事にするときに引用できるのでおすすめです。

有名な人の「ツイートや発言の引用」は、実績がないあなたでも、その人の権威を借りることができるので有効です。あなたの信用を代わりに担保してくれます。引用された人も、正しく引用してもらえば悪い気はしないはずですから、感謝しながらじゃんじゃん引用させてもらいましょう

ひたすら成功者のSNSやYou Tubeなどを見て、有益な情報があったら、都度マインドマップにメモしながら情報を整理する。

同じ内容を発信したらパクリじゃないのか?

当然、ツイートや情報をまるごとコピペはダメですが、自分の言葉に直して、複数の情報を整理して発信するのは有りです。

「時間をかけて情報を集め、自分の中で咀嚼し、わかりやすく整理して他の人に提供する」。

これも間違いなく有益なオリジナルコンテンツです。みんなにありがたがられるし、胸を張っていい。

何度も言いますが、好きな発信者さんの情報を発信するときは、感謝を込めて「引用RT」も極めて有益。それをしてもらえれば発信者の人も嬉しいですしね。

「悩み」以外の項目も、定期的にどんどん拡げる

もちろん悩み以外の項目も、上記を行っていきましょう。新しいネタや発見がたくさん見つかります。

ものすごい巨大なマインドマップになると思いますが、それができた頃にはもう、「自分は発信することがなにもない」なんて思わないはず。

そう、これは、あなたが苦労して色々な場所から情報を集め、あなたのセンスで情報を選りすぐり厳選した、あなただけのネタ帳です。

ターゲットを設定する

さて、もうすでにあなたはそのカテゴリにおいての結構な専門家になっているはず。

次に考えるべきなのは、「誰に対してサービスを売るのか」です。

ターゲット(マーケティングではペルソナといいます)の設定の仕方

これも掘り下げていくとものすごい量のテキストになってしまうので、ざっくりした説明にさせていただきますが、まず、あなたが情報を届けたい相手の人物像を想像していきます。

「え、この悩みがある人全般じゃだめなの?」

こんな声が聞こえてきそうですが、これは正直言ってダメダメな発信です。

スーパーの客寄せと、名指しの販売

スーパーでスピーカーを使って客寄せをしてる人がいたとして、「皆さん、この大根安いですよ!」といくら叫んでも、みんな前を素通りしていきます。そう、人は群衆に向けた声に耳を傾けません。

自分に言われていると思っていないからです。
「あーなんか売ってるな」とか「うるさいな」と思って、全て他人事で聞き流し、無表情で前を素通りしていきます。

でも、名指しで「そこの白いワンピースの素敵なあなた!」、もしくは「そこのサラリーマンのお兄さん!」と言われたらどう思いますでしょうか?

え、自分のこと?と思って、とりあえず足を止めますよね。

それが「ターゲットを絞った発信」です。

人は「自分のこと?」と思った記事をしっかりと読む

この記事の冒頭で、「この記事は○○な人のために書いています」と書いてありますが、それを見て、「あ、自分のことだ」と思ったのではないでしょうか。
だからあなたはこの記事を読んでいるんだと思います。

これと同じことを、あなたの発信全般でもやります。
つまり、記事やSNS発信で今後やっていきます。
それが「誰のために情報発信するのか」のペルソナ設定です。

  • 年齢はいくつなのか?
  • 性別は?
  • 職業は?学生?社会人?
  • 趣味は?
  • 家族構成は?
  • 休日の過ごし方は?
  • 口癖は?
  • 友達の数は?

これは、もし現実の友人や知り合いにそういう人がいるなら、その人の特徴を出しても大丈夫です。

つまり、あなたが調べたノウハウを渡すことで、心から喜んでくれるだろうなって思う人がもしいたら、その人を「ペルソナ」にしていきましょう。

いなければ、本当に細部まで一人の人間のプロフィールを想像して、細かく設定していきましょう。
名前もつけてあげてくださいね。
ここを手を抜くと、やはりあなたの発信がぼやけたものになり、フォロワーも集まりにくくなってしまいます。

すべての発信はそのペルソナに向けて伝える

これから発信するTwitterのつぶやきや、ブログを作るならブログの語り口調、全てその人(ペルソナ)に向けて、1対1の手紙を書くようなつもりで書いていきましょう。

記事を書く時、SNSで発信するときは二人称にも注意してください。
二人称は必ず、「皆さん」ではなく「あなた」です。
大衆ではなく、思い描いたターゲットたった一人に向けて発信してください。

それで読んだ人は「この記事は私に向けて書いてくれている」と思い、先を興味深く読み進めてくれます。

ペルソナが好みそうな口調、単語、デザイン

ペルソナの年齢が若い女性なら、あまり堅苦しい口調で語らないほうがいいでしょう。
フランクで、アイコンなどもビジュアルが可愛かったりきれいなものになります。

逆に、ゴルフがテーマで、ペルソナが年配の男性の場合、あまり砕けた口調にしないほうがいいでしょう。

つまり、ペルソナが変わると口調が変わります

また、口調と同様に、SNSのアイコンやヘッダ、ブログをやるならブログデザインやテーマまでガラリと変わってきます。

もうわかったと思いますが、ターゲットが決まらないうちにこれを始めてしまうと、デザインや口調が一貫しない、非常にブレた発信になってしまいます。

なので、Twitterをいきなり始めないでほしいと言いました。
ここができていないと、何度も作り直したり、無駄なツイートをたくさんしてしまったり、余計な回り道をすることになるからです。

すごい人と同じ客層を相手にして戦わない方法

これはこのページでおそらく最も重要な話なのですが、「すでに同じような発信をしてて、自分よりすごい人がたくさんいる」と悩んでいる方に是非読んでほしいです。

今まで学んだことを活かして、その「自分よりすごい人」のペルソナは、どういう人物を設定をしているか考えてみてください。

そう考えると、まさにあなたはその人のペルソナに当てはまってるものと思うんですが、ここで視点を「ずらす」テクニックを使います。

ターゲットをずらす

例えば自分のテーマを「ゴルフ上達法」とします。

で、あなたはサラリーマンだとして、あなたがフォローしてるすごい発信者たちは、みんな「サラリーマンに向けたゴルフ上達法」を解説しています。
本当にファンもフォロワーも多く、今からその人と同じ市場に入っても、自分は勝てそうもありません。ミジンコです。

そのまま無策に突っ込んでは玉砕必死です。

なので、ここはペルソナ設定を大きくずらしてしまって、例えば、「22歳女性OLのためのゴルフ上達法」にしてしまいます。

自分の発信キャラクターも女性にして、語り口調も女性ライクなものにします。すると女性の初心者ゴルファーたちがフォローしてくれるようになるでしょう。

つまりそうすることで、先達のすごい発信者たちの客層、ファン層とほぼかぶることなく、全く新しい市場で、集めた情報を発信することが可能になります。こうなれば、先達の人たちのツイートの内容を参考にして発信するのも有りになります。

発信する内容は同じでも、ペルソナ(ターゲット)を「ずらす」だけで市場が拓けるというわけです。

ターゲットを狭く限定する

ずらすだけじゃなくて、「限定」するのも有効です。

「最近稼げなくなったSEOアフィリエイター全般」が先達のペルソナなら、自分は更に「30代サラリーマンの副業アフィリエイター」に限定する。

アフィリエイターの中でも、本業がある人を集めるわけですね。

同じことを伝えるにも、専業アフィリエイターに効果的な発信と、副業アフィリエイターに効果的な発信の伝え方が違ってきます。

限定することで、当然母数は少なくなるけど、その分より密度の濃いフォロワーが集まりますので、ファンにはより「自分のことだ。自分に向けた発信だ」と思ってもらえますし、そうなるとマネタイズもしやすくなります。

自分が30代サラリーマンの副業アフィリエイターだったときに

1.アフィリで月30万稼ぐための方法

2.30代サラリーマンが、副業アフィリで月30万稼ぐ方法

の記事のリンクが並んでいたら、絶対みんな2をクリックしますよね。

発信者のキャラクターを設定し、プロフィールを作る

ターゲットのペルソナが決まったら、いよいよ発信するキャラクターの設定です。

ペルソナが決まればキャラクターは自動で決まる

キャラクターは、ペルソナが決まればほとんど自動的に決まってくると思います。

これが決まってこない場合は、まだペルソナの設定が甘いということです。
もう一度ペルソナ設定に戻ってやり直してみてください。

人があなたのファンになるには条件があって、そのテーマにおいての「天才」とか「神」などになる必要はなくて(なろうと思ってもなれないしね!)、あくまでも「その人より一歩先を行く先輩」という立ち位置が望ましいです。分かりやすくいうと、

すごいけど、自分も頑張ればその状態まで辿り着けそうな位置にいる人

です。

そのキャラクター設定が、あなた自身に対してあまりにもかけ離れていると問題ですが、今までの作業をしていればおそらくそうはならないでしょう。

自分でもともと興味があることをマインドマップで拡げたはずですしね。

そして、そのペルソナに好かれる、ファンになってもらうことを考えたときに、自分の出すべき部分と隠しておいたほうがいい部分、というものは判断できるはずです。

あなたがプロフィールなどに記載すべき情報は、あくまでも「ペルソナが興味を持つこと」です。ゴルフの上達法を習いたいのに、その人の「好きなお寿司のネタ」とか書いてあっても「知らんがな」ってなりますよね 笑

発信するテーマに関することと、そのテーマにおけるあなたの実績、そして、そのテーマについてどのくらいの情報を持っているのかの数字の指針。

そんな事言われたって、その実績がないんですけど!

大丈夫、そういう場合についてもちゃんと解説します!

全く実績がない人は何を書くのか

実績なしでも書けること

  • あなたがこのテーマについて勉強した時間
  • 勉強にかかった(投資した)商材や本などの金額
  • 読んだ書籍の冊数
  • 見た動画の時間

これを記載するだけで、あなたはすでにそのテーマにおいて、ペルソナより一歩先を行く人になることができます。上記はもちろん量・質ともに多いほうがいいです。これがしょぼいようでしたら、あなたはまだ勉強が足りません。

マインドマップを引っ張り出してきて、張り切って勉強し直しましょう!

私は今回、この記事のために最新のSNSマーケティングを学び直すにあたって、

  • 10時間以上の動画講義(有料)
  • 10冊以上のマーケティング専門書籍
  • 5万円以上の有料商材
  • 200時間以上の情報収集

を費やしました。これをしてからこのブログ記事を書いています。

これならできますよね? あなたをフォローすれば、ペルソナは「この時間をかけなくてもその情報を得られる」というわけです。
前にも言いましたが、それも立派なベネフィット(顧客利益)です。

その裏付けとなる実績があると更にいいですが、なくても安心してください。
実績はこれからどんどん作ればいいんです
例えば「フォロワー数2週間で500人増加」とかね。
SNS活動をしていって、これは実績として書けるなってなったら、その都度加えていけばいい。

活動を続ければ嫌でも実績って積み上がってきます。

で、みんなあなたのプロフィールとツイートを見て、「あ、この人をフォローすれば自分の役に立ちそうだな」と思ってもらえれば、人はフォローしてくれます。

あなたもそうやって人をフォローしますよね?同じです。きっとフォローしてもらえます。

人の記憶に残るインパクトをつける

これはそこまで必須ではないんだけど、名前、アイコン、プロフィールは、できれば何か記憶に残るインパクトがほしいです。

テーマに沿いながらもちょっと「あれ?」っていう違和感があるといい。どこにでもいそうな無味乾燥なアイコンより、え、これなに?みたいな視覚的なインパクトがほしいです。

嫌われることを恐れて誰にも何も思われないより、5人に好かれ5人に嫌われる方が良い

これは12年働いたWEBマーケティング会社の社長の言葉。

そのとおりだなって思います。そのための個性付け。全部のツイートに「う〇こ」って毎回つぶやくとか。いやないか。ないな、ごめん。

この「違和感」って難しいんですけどね。僕もこの辺はまだ試行錯誤中。でもこれが上手くハマれば、加速的にフォロワーが増えて、自己ブランディングも進むと思います。

もちろんそこまで強烈なインパクトがなくても、堅実に誠実に発信を続ければ、ちゃんとファンはつくと思います。なので強烈なインパクトは無理して作る必要もない。

あなたの個性そのものは、変に狙わなくても文章やコメントの端々から出てくるものですしね。

すべて決まったら、アイコン、ヘッダで世界観を作る

ヘッダとアイコンの世界観は統一しましょう。本当に大事。

それについてはせんりさんとギクキングさんの下記Noteに詳しいので、ぜひ読んでみてください。https://platform.twitter.com/embed/Tweet.html?creatorScreenName=hash666699&dnt=true&embedId=twitter-widget-2&features=eyJ0ZndfZXhwZXJpbWVudHNfY29va2llX2V4cGlyYXRpb24iOnsiYnVja2V0IjoxMjA5NjAwLCJ2ZXJzaW9uIjpudWxsfSwidGZ3X2hvcml6b25fdHdlZXRfZW1iZWRfOTU1NSI6eyJidWNrZXQiOiJodGUiLCJ2ZXJzaW9uIjpudWxsfSwidGZ3X3R3ZWV0X2VtYmVkX2NsaWNrYWJpbGl0eV8xMjEwMiI6eyJidWNrZXQiOiJjb250cm9sIiwidmVyc2lvbiI6bnVsbH19&frame=false&hideCard=false&hideThread=false&id=1395680776084238345&lang=ja&origin=https%3A%2F%2Fichiblog.biz%2F%3Fp%3D48&sessionId=69025ae04fef5cb245522c4be6a454837fc2515a&siteScreenName=hash666699&theme=light&widgetsVersion=82e1070%3A1619632193066&width=550px

SNSフォロワーを増やした後どう10万を稼ぐのか

SNSでフォロワーを数千人単位で増やしたら、次はマネタイズを行っていきます。

今は、noteで誰でも有料商材を気楽に出せるし、ココナラなどのサービスもあります。1000円とか500円とか、安価でちょっとしたノウハウやサービスを販売できるようになりました。

一昔前、SEOアフィリが全盛だった時代、サイトを作る前には必ず「アフィリエイト広告選定」をして、報酬単価が高く、成約率も高い商品をまず見つけていました。それがスタートラインだった。

そこから逆算して参入するジャンルやテーマを決めていました。

つまり「広告がないジャンルは、そもそも参入する意味がない」という論調があったのです。
アドセンス収入はしょぼいし、情報商材は怪しすぎるし…

noteは私の印象でもそれほど怪しくないですので、Twitterでフォロワーを集めたら、ぜひ少額のnote商材を作って販売してみましょう。

大事なことはひとつだけ。

フォローしてくれたファンの悩みをリサーチして、それを解決に導く

2ヶ月上記手順でSNSを運用して、フォロワーが4桁になったくらいでぜひ商材を作って売ってみてください。

マネタイズについても、同じくらいのボリュームで記事を用意しています。
こちらも無料で公開しますので、よかったら私のTwitterをフォローしていただけると幸いです。

今からSEOで2ヶ月間、必死にブログで記事を仕込んでも、おそらく2ヶ月後もまだ報酬はゼロですが、並行してSNS運用をしていけば、2ヶ月で10万稼ぐのは決して不可能ではないと思います。

そして、その活動を都度、ブログで情報をアウトプットしておくと、半年後にはSEOが効いてきて、美味しいおまけが付いてくると思いますよ。

まとめ

ここまでで1万文字以上書いています。読んでくださってありがとうございます。

実績ゼロ、知識ゼロ、経験ゼロの状態から、やるべきことのロードマップをもう一度まとめさせていただきます。

  • STEP.01発信テーマを決めるブレインダンプであなたの強みを知る
  • STEP.02マインドマップ情報を様々なメディアから網羅的に集め、マインドマップにプールする
  • STEP.03ターゲットを決めるペルソナを細かく設定して、一貫してその人だけに向けた発信をする
  • STEP.04キャラクターづくりペルソナに憧れられるキャラクターを逆算して設定する
  • STEP.05SNS運用・発信マインドマップからネタを出して、ペルソナに向けて分かりやすく発信。交流。
  • STEP.06マネタイズnoteやココナラなどで自分の商品・サービスを作って、SNS、ブログなどで販売。

今後も加筆修正しますが、この記事についてご意見、ご感想、ご質問はコメント欄にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました